トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る

認知症と歯の関係

歯と脳の関係

脳は物を噛むことで刺激を受ける

歯の働きは、咀嚼機能だけではありません。最新の研究では、脳を刺激するという事がわかっています。歯と歯が噛み合わさった時の刺激は、歯根にある歯根膜から脳に伝達され、それはは脳における感覚や運動、また記憶や思考、意欲を司っている部位の活性化になるのです。
 

残っている歯が少ないと脳の働きが衰える

東北大学の研究結果によると、高齢者の残存している歯の数と認知症との関連性があることが判明しました。健康な人では平均14.9本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある人では9.4本とかなりの差がありました。また、残存している歯が少ない人ほど、思考や感情をつかさどる前頭葉や、記憶・学習能力に関係のある海馬の容積が健康な人と比較すると少なくなっていることが判明しました。本結果から、歯が少なくなったり、無くなってくると、脳に刺激ななくなり、脳の正常な働きに影響を与えてしまうという事が判明しました。
 

歯が無い人と認知症リスクが高くなる

また、神奈川歯科大学の研究結果によるでは、残っている歯の数が20本以上ある人と比べて歯が無く、入れ歯も入れていない人の認知症リスクは1.9倍。良く噛んで食べることができる人に対して、あまり噛めない人の認知症リスクは、1.5倍と高くなっていることが判明しました。
 


噛む事の必要性と重要性

噛む事を意識して食べると脳は活性化しやすい

脳を活性化したければ、意識的に噛むようにしましょう。ただ、歯があれば噛むことができますが、歯が抜けてしまうと歯根膜も一緒になくなってしまい、脳への刺激が伝わらなくなります。また、歯があってもあまり咀嚼をしないで食べている人は、脳への刺激が少ないと思われます。

 

咀嚼が少ないとアミロイドβが沈着して、海馬の細胞数が減少する

アミロイドβ蛋白とはアルツハイマー型認知症の原因と考えられている物質です。
よく物を噛む事が出来る正常なマウスと、元々歯がなく柔らかい物しか食べられないマウスを比較した研究を
広島大学が、を行いました。
その研究によると、歯のないマウスの方には、大脳皮質にアルツハイマー型認知症の原因と考えられている「アミロイドβ蛋白」が沈着し、老人斑が大量に発生しました。さらに、記憶や学習能力に関わる海馬の細胞数が少なくなっている事が研究結果で判明しました。即ち、よく噛んで食べる事ができないと、咀嚼によって中枢神経が刺激される事が少なくなり、アルツハイマー型認知症を発症する確率が高くなってしまうのです。

アルツハイマー型認知症とは
 


歯と認知症予防

歯を治療する事で記憶力が回復する例もある

奥歯を削って、噛みにくくしたマウスの歯を、修復すると、正常なマウスと同じ程度にまで記憶力が回復したという研究結果があります。噛み合わせが悪いまま放っておくのではなく、噛む事が出来るように治療することで記憶力の回復の可能性が高まるのです。
 

入れ歯やインプラントでも脳は刺激出来る

アルツハイマー型認知症の方の口腔内を調査しところ、歯が無くなり、長い間良く噛んで食べる事が出来ていなかったと思われる人が多く見られる結果あります。歯が無いと歯根膜が無くなるため、刺激が脳には伝わりませんが、歯に代わる入れ歯や、インプラントなどの治療を行うことで、歯と同じ働きをすることが可能です。
ただ入れ歯を入れるだけの治療では不十分で、ある調査では、入れ歯が合っていない人全てが認知症だったとの報告があります。認知症の方に合った入れ歯を使用し、正しく噛む事が重要なのです。

 

トレーニングガムを利用する

歯があっても良く噛まなければ脳に刺激を与えられません。食事の時に良く噛む事も必要ですが、ガムを噛むことも有効です。市販のガムよりも硬く、噛みごたえがある歯科用ガムが効果的です。ガムを噛む事でリラックス効果ももたらされ、集中力も回復するのです。トレーニングガムとして歯科でのみ販売されているものもあるようですが、市販のガムでも効果はありますので、認知症予防のために利用してみましょう。
 


入れ歯とインプラントという選択肢

歯が無くなった時の代替えとして、入れ歯とインプラントという選択肢があります。入れ歯は人工的に作った歯や歯茎です。インプラントは、顎の骨に穴を開け、まず金属で作った歯根を埋め込み、その上に人工の歯を作るものです。どちらを選択する場合も、自分に合った物を作るようにしましょう。
入れ歯は保険が利くため、安い物では総入れ歯でも1万円程度で出来ますが、フィット感のある高性能の物だと高額になります。インプラントは1本10万円以上となり、歯だけでなく治療費も自己負担となり、かなり高額になってしまいます。ただ、どちらも医療費控除を受けることができます。
以下に入れ歯とインプラントのメリットとデメリットを記載しますので参考になさってください。

 

入れ歯のメリット・デメリット

・メリット

保険が適用できるので安価にできる。
治療事故がほとんどない。
顎の骨の状態などに関係なく作る事が出来る。
メンテナンスが容易。

・デメリット
慣れるまで、口の中に異物感がある。
安い物は大量生産されている場合が多く、個人個人にフィットした物ではないため、外れたり痛みが出ることもある。
インプラントに比べると咀嚼力に欠ける。

 

インプラントのメリット・デメリット

・メリット
ほとんど自分の歯と同じ程度の力で噛む事が出来、見た目も変わらない。
口の中に異物感が無い。
入れ歯のように外れたり、痛みが出たりする事が無い。

・デメリット
顎の骨の状態、また持病によっては、作れない場合がある。
保険適用外で、全額自己負担になるため金銭面での負担が大きい。
定期的なメンテナンスが必須である。
歯根膜は作れないため、噛む力を加減出来ず、周りの歯や歯茎を傷めてしまう事がある。外科手術であるため、治療事故が起きる可能性がある。

 

・この記事を読んだ方へのおすすめ記事

認知症と脳のトレーニング
認知症と生活習慣病の関係
有酸素運動で認知症予防
筋トレで認知症予防
マルチタスクで認知症予防
認知症と糖尿病の関連性
認知症予防に効果的な歩数

クレジットカード決済
決済代行のGMOイプシロン株式会社の決済代行サービスを利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL(128bit)による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。
代金引換(代引き手数料はお客様ご負担)
到着時に指定の金額を配達員の方に現金にてお支払いください。
決済手数料全国一律: 324円

<領収書について>代引き伝票のお客様控えが領収書となります。後日発行はできませんので、ご注意ください。お客様控えのお名前と領収書の宛名が異なる場合はご注文時にご記入下さい。
※クロネコDM便をお選び頂いた方は、代引き決済はなりませんのでご了承ください。
ヤマト運輸
商品はご注文をお受けした日より、約1週間以内でお届け致します。休業中の受付・発送は致しておりません。翌営業日にての受付・発送とさせて頂きます。

尚、配送はヤマト運輸にてのみ取扱いとさせていただいております。
発送した商品が到着するまでの所在をヤマト運輸のホームページからご確認いただけます。<
発送の完了をお知らせする弊社からの確認メールに記載されたヤマト運輸の伝票番号を、「荷物のお問合せ」にご入力ください。
・また、時間指定もうけたまわります。
 指定できる時間帯は
配送時間
ただしお時間を指定された場合でも、諸事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。(著しく遅れる場合は、詳細をメールかお電話にてご連絡いたします。)


送料
一部商品を除き、商品合計金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料でお届けします。

10,000円(税込)に満たない場合は誠に申し訳ございませんが、下記の金額を送料実費としてご負担願います。



送り先送料
北海道1200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県900円
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県  富山県 石川県 福井県  岐阜県 静岡県 愛知県 三重県  滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 700円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県800円
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県  福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県900円
沖縄県1200円