フェルラ酸サプリメント
トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る
カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
フェルラ酸サプリメントと米ヌカ
認知症とは

メールマガジン
ショップ紹介
店舗責任者 佐藤 有紀子
スタッフブログ
フリーページ
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
   営業日カレンダー
赤文字の日付は定休日です。
rss atom

脳トレーニングと認知症

脳と認知症の関係性

脳機能には

・言葉を伝える、話す
・文字を読み書きする
・場所、時間を識別・認識する
・物事、出来事の善悪を判断・理解する
・物事、出来事を記憶する
・計算をする
・道具などを使いこなす
などの機能があります。これらのことを認知機能と呼びます。
脳は誕生したときから二十歳ごろまで発達し、そのころを超えると発達は止まってしまいます。そしてその後は、発達が止まってしまい、年齢を重ねるごとに少しずつ小さくなっていきます。そして認知機能も少しずつ低下していきます。ただ、物事を理解したり判断したりする機能は、80歳くらいまで低下はしないと言われています。

 


脳を働かせることが認知症予防に繋がります

正常に脳が働いてくれるためには、多くのエネルギーが必要となります。脳が働いている状態の時には、多くの血液が脳に流れ酸素と糖が運搬されます。多くの血液が流れる事で、脳の機能低下を防止します。逆に、脳を働かせていなければ、血流も悪くなり、脳の栄養である酸素や糖が運搬されないため、認知機能の低下して、認知症になるリスクが高まると言うことです。これらのことから、脳を働かせるという事は大変重要なことなのです。
 


脳を働かせるとはバランス良い食生活

脳の重さは体重のたった2%にすぎません。それに対して、エネルギーは身体の20%も必要になるのです。脳を働かせるには、まず栄養が必要です。糖分の摂り過ぎも良くないですが、全く摂らないのも脳には良くありません。中年期以降は無理なダイエットなどはしないようにしましょう。また生活習慣病によって脳血管に障害が起こり、認知症が引き起こされる事もあります。出来るだけ、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

>>認知症と生活習慣病の関係について

 


認知症予防のための脳トレ

認知症予防は高齢者だけと思っている方も多いのですが、40代・50代からでも、脳は少しずつ委縮しています。
・名前が出てこない
・しまった物の場所が思い出せない
・昨日の晩ごはん、何食べたっけ
などの物忘れは、40代・50代でもあるはずです。
高齢者になってからではなく、まだ若いうちから脳を働かせる習慣を身につけましょう。でも、楽しくできる範囲でやりましょう。「やらなければならない」と思ってしまうと、その脳トレ自体がストレスとなってしまうため、認知症予防にはならず逆効果となってしまいます。

 


脳トレの代表的なものは? 


パズル

トロント大学で行われた研究で、認知症予防にはパズルが効果ありとされました。でも1回行ったから良くなるものではなく、続けて行う事が大事です。パズルはどのようなものでも構いません。年齢にあったものを選びましょう。また数字のパズルである数独(ナンバープレース)も効果があるとされています。

計算をする

認知機能の1つである計算するという機能を低下させない為に、計算をしましょう。年齢に合わせ高齢の方なら簡単な足し算引き算を、制限時間を設けず行い、若い方なら少し高度な計算問題を、制限時間を決めて。でも特に難しい問題ではなく、簡単な計算問題で構いません。また、問題などを作らなくても、買い物をした時に、概算でも良いのでいくらくらいになるか計算したり、お釣りの計算をしましょう。財布の中を見て小銭がたまらないよう、お金の出し方を考えるのも良いです。
 

読み書きをする

新聞の短いコラムなどを書き写すなど、何かを見ながら書く事や、声に出して読む事は脳の刺激になります。また日記を毎日書くのも良いです。若い世代でパソコンや携帯を使っている方も多いですが、一度自分で字を書いてみてください。パソコンや携帯では漢字を変換する場合候補が出て選ぶだけですが、自分で考えながら物を書く場合は、漢字を思い出さなくてはいけません。簡単なようで結構忘れてしまっていると気付く場合が多く、脳の良い刺激になります。
 

麻雀・囲碁・将棋・オセロ

相手の手の裏を読んだりするゲームは、高度な認知機能が必要ですので、脳が刺激されます。また、難しく嫌だと思いながらするのではなく、楽しく行うという事が、脳の活性化に繋がります。
 

他人とのコミュニケーションを図る

他人を気遣う。また他人と話をするというのは脳の良い刺激になります。一方的に話したり、自分より弱い立場の人が周りにいても、我先に話したりしてはいませんか?相手の話を聞き、それに対して的確な答えを返す。また他人を気遣い配慮するなど、上手く他人とコミュニケーションを取る事が、認知症予防になります。
 

新しい事を行う

ピアノやギターなどの趣味がある人は、新しい曲を作ってみましょう。編み物や日曜大工なども、作った事がない物に挑戦する方が良いでしょう。絵を描いたり俳句を詠んだり、また英会話やパソコンなど、これまでやった事がないものにチャレンジするのもとても良い脳トレになります。

 

認知症患者のリハビリとしての脳トレ

複数の人で行うリハビリをやってみましょう。話ながら、相手と対戦しながら行う事で、良いコミュニケーションが生まれます。認知症改善の脳トレには1人ででも出来る計算や塗り絵などがありますが、1人で脳トレをやっていても良い効果がない場合があります。他人とのコミュニケーションが重要なのです。
 

簡単な読み書きや計算

簡単な計算をしたり、大きな文字で書いてある絵本を読んだりしましょう。
 

塗り絵や折り紙

何の色をどこに塗るか考えながら行うことで、脳には刺激となります。手先を使う折り紙も、意識的にはみ出さないよう、綺麗に丁寧に折ることで脳の活性化になります。手を使い考えながら行える脳トレです。
 

音楽を聴いたり歌う

楽を聴き、リズムに合わせて手を叩いたり、身体を動かしたり、歌を歌うのは、リラックス効果もあります。そのため多くのデイサービスなどで、音楽療法として取り入れられています。
 

回想法

昔の思い出を語り合ってください。懐かしい昔話を思い出しながら話すというのは、脳を刺激し、精神的にも安定すると言われています。写真などがあればそれを見ながら話します。自宅で家族と、またデイサービスなどで同年代の人達ともコミュニケーションが取れる方法です。
 

ゲーム

囲碁や将棋など、また麻雀などのルールを知っている方はやってみましょう。1人ではなく相手がいる事で、刺激となります。輪投げなどのゲームも、大勢でやると楽しく、また、狙って投げる事は難しい行為なので、良い脳トレになります。



・この記事を読んだ方へのおすすめ記事

認知症と歯の関係
認知症と生活習慣病の関係
有酸素運動で認知症予防
筋トレで認知症予防
マルチタスクで認知症予防
認知症と糖尿病の関連性
認知症予防に効果的な歩数

クレジットカード決済
決済代行のGMOイプシロン株式会社の決済代行サービスを利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL(128bit)による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。
代金引換(代引き手数料はお客様ご負担)
到着時に指定の金額を配達員の方に現金にてお支払いください。
決済手数料全国一律: 324円

<領収書について>代引き伝票のお客様控えが領収書となります。後日発行はできませんので、ご注意ください。お客様控えのお名前と領収書の宛名が異なる場合はご注文時にご記入下さい。
※クロネコDM便をお選び頂いた方は、代引き決済はなりませんのでご了承ください。
ヤマト運輸
商品はご注文をお受けした日より、約1週間以内でお届け致します。休業中の受付・発送は致しておりません。翌営業日にての受付・発送とさせて頂きます。

尚、配送はヤマト運輸にてのみ取扱いとさせていただいております。
発送した商品が到着するまでの所在をヤマト運輸のホームページからご確認いただけます。<
発送の完了をお知らせする弊社からの確認メールに記載されたヤマト運輸の伝票番号を、「荷物のお問合せ」にご入力ください。
・また、時間指定もうけたまわります。
 指定できる時間帯は
配送時間
ただしお時間を指定された場合でも、諸事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。(著しく遅れる場合は、詳細をメールかお電話にてご連絡いたします。)


送料
一部商品を除き、商品合計金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料でお届けします。

10,000円(税込)に満たない場合は誠に申し訳ございませんが、下記の金額を送料実費としてご負担願います。



送り先送料
北海道1200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県900円
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県  富山県 石川県 福井県  岐阜県 静岡県 愛知県 三重県  滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 700円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県800円
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県  福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県900円
沖縄県1200円