フェルラ酸サプリメント
トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る
カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
フェルラ酸サプリメントと米ヌカ
認知症とは

メールマガジン
ショップ紹介
店舗責任者 佐藤 有紀子
スタッフブログ
フリーページ
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
   営業日カレンダー
赤文字の日付は定休日です。
rss atom

認知症診断について

認知症には様々な種類があり、本人や認知症の種類によって多数の症状があります。認知症専門の医者が的確に診断することで適切な介護をすることができるのです。
しかし、初期の認知症患者の中には診断を恐れるなどの理由で受診拒否をする場合も多くあります。よりよく認知症の患者が受診できるようにその知識や方法をお知らせいたします。

受診をする前:予備知識

診断の重要性

認知症の診断で重要なことは、心筋梗塞、脳卒中などの病気と同様に早期発見が重要です。『認知症は、老化現象だから仕方ない』とはじめから諦めて受診しない人も多いのも事実です。
ですが、認知症は早期発見により、診断・治療(薬物療法等)を進めることで認知症が劇的に良くなったり、認知症の進行を遅らせるなど、多くのメリットがあるかもしれません。

 

治療で劇的に良くなる場合も・・・

すべてのケースではありませんが、正常庄水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫などの場合においては、脳外科的処置で改善する可能性があります。また甲状腺ホルモンの異常が原因の場合は内科的処置で改善する可能性があります。
 

認知症の進行を遅らせることが出来る

アルツハイマー型認知症などの場合は、認知症治療薬で進行を遅らせることが可能です。認知症治療を受ける機会があることで、早期発見ができ、その後におこるであろう生活上の障害や徘徊といった認知症トラブルに事前に対応することが可能となります。

早期に今後の治療方針や終末医療、介護方針を決めることが出来る

人は最後まで人間らしく自分らしく生きる権利があります。そういった意味でも、早期に発見でき診断が下ることで、治療方針や介護方針なども共に決めていくことが出来ます。


 

現状の把握

認知症を早期発見⇒診断とするためには、医師に正しく情報提供を行うことが重要です。問診の専門家の医師は、聞き出してくれますが、診断を受ける認知症の疑いのある本人に情報提供をさせるのは無理であるとお考え下さい。
そのようなことにならない為には。ご家族の方が、下記のポイントをメモに書いておくと良いでしょう。

・毎日気付いたことを書き留める、ノートを作る。
・いつ頃からどんな症状が、どんな頻度で出ているのかという経過
・病歴
・服薬(いつからいつまで何の薬をどのぐらい飲んだか)

 

ご家族などに受診を進める注意点と方法

『もしかしたら認知症かもしれない』と感じたとき、早期診断を受ける為にも、医療機関で受診することが最初となります。しかし、家族から直接受診を勧める際には注意が必要です。
今まで出来ていたことができない、物忘れがひどいという時、それを感じる本人も不安と大変なショックを受けています。
そして認知症という症状を受け入れがたいのです。特に日頃から自分で何でもやることができる人ほどプライドもあり傷ついてしまう事があります。
そこで、市役所・役場からの検診が来ているからとか、地域包括センターなどに介入してもらうという方法を取るのがいいでしょう。

 


病院の選び方

いざ受診をするとなった時に、どこの病院の何科にいけばいいのか?わからない方がほとんどだと思います。また受診する本人も、もの忘れ外来となると抵抗を示すこともあります。
一番いい方法の可能性としては、かかりつけ医に診てもらい、そこから紹介してもらう方法です。以下、病院の選び方についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

かかりつけ医がいる場合
医師が患者さんの過去の病歴や性格なども把握していることから、より的確な認知症専門医を紹介してもらえると思います。受診時に症状などをメモしたノートを見せて相談することでスムーズに診療ができます。
 

かかりつけ医がいない場合
脳外科、精神科、心療内科、神経外科などで診てもらう事が出来ます。最近では「もの忘れ外来」という科もあります。地域包括センターなどに相談し、どこで診てもらうのが良いのか助言をもらうのも手段です。

セカンドオピニオン
より正確な医療を受ける為に、納得した治療を受ける為に、1つの病院だけでなく複数の病院を受診することは大切なことです。他の先生に診てもらっているからと遠慮をする必要はありません。本人の不安を取り除き、あらゆる全ての可能性を探りながら最適な治療を選ぶのは、私たち誰しもが持っている権利なのです。


認知症の診断と検査

診断と検査方法

認知症の診断の方法や基準には、色々ありますが、代表的なものは以下の3種類です。

1 認知症の診断基準(厚生省研究班、1989年)
2 DSM-IV-TR(アメリカ精神医学会)
3 ICD-10(WHO)

これらの基準に基づいて、以下の検査が行われます。

一般的身体検査

治療可能な認知症との鑑別をします。原因である身体的疾病の有無を調べるために身体的検査が必要になります。
主に行われる検査は、
尿検査、血液検査、内分泌検査、血清梅毒反応、胸部X線写真、心電図検査などを行います。


脳の一般検査
腱反射などの神経学的検査、脳波検査、脳脊髄液検査などが行われます。

脳画像診断検査
X線検査、コンピューター断層撮影(CT)、電磁線を応用したMRI、アイソトープを用いて脳の血流の状態を調べるSPECT、脳糖代謝量を調べるPETなどがあります。

知的機能を測定する心理テスト
ウエクセラ成人用知能検査第三版(WAIS-III)、新長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)、Mini-Mental State Examination(MMSE)、アルツハイマーアセスメントスケール日本語版(ADAS-Jcog)

その他
遺伝子検査、病理検査

医師は、検査結果と問診から、基準にもとづき診断します。また、この診断結果に併せて、本人や家族と治療方針を決めていきます。認知症で初めて病院にかかるのは怖いものですが、不安を感じたら、まずは医療機関に相談してみましょう。
(画像はイメージです)

 
クレジットカード決済
決済代行のGMOイプシロン株式会社の決済代行サービスを利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL(128bit)による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。
代金引換(代引き手数料はお客様ご負担)
到着時に指定の金額を配達員の方に現金にてお支払いください。
決済手数料全国一律: 324円

<領収書について>代引き伝票のお客様控えが領収書となります。後日発行はできませんので、ご注意ください。お客様控えのお名前と領収書の宛名が異なる場合はご注文時にご記入下さい。
※クロネコDM便をお選び頂いた方は、代引き決済はなりませんのでご了承ください。
ヤマト運輸
商品はご注文をお受けした日より、約1週間以内でお届け致します。休業中の受付・発送は致しておりません。翌営業日にての受付・発送とさせて頂きます。

尚、配送はヤマト運輸にてのみ取扱いとさせていただいております。
発送した商品が到着するまでの所在をヤマト運輸のホームページからご確認いただけます。<
発送の完了をお知らせする弊社からの確認メールに記載されたヤマト運輸の伝票番号を、「荷物のお問合せ」にご入力ください。
・また、時間指定もうけたまわります。
 指定できる時間帯は
配送時間
ただしお時間を指定された場合でも、諸事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。(著しく遅れる場合は、詳細をメールかお電話にてご連絡いたします。)


送料
一部商品を除き、商品合計金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料でお届けします。

10,000円(税込)に満たない場合は誠に申し訳ございませんが、下記の金額を送料実費としてご負担願います。



送り先送料
北海道1200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県900円
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県  富山県 石川県 福井県  岐阜県 静岡県 愛知県 三重県  滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 700円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県800円
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県  福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県900円
沖縄県1200円