トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る

幻覚、錯覚の原因と対応

幻覚や錯覚とは

実在しないものを感じる幻覚と見間違う錯覚

認知症では幻覚を訴える人が多く見られます。幻覚とは簡単に言うと、実際には無い物を感じるものです。五感すべてに見られるものですが、特に訴えが多いのは、実際にはそこにないものが見える幻視や、実際にはない音や声が聞こえる幻聴となります。また実際にある物を、別の違う物と見間違ったり聞き間違えたりする、錯覚が起きる事もあります。

幻覚や錯覚は、脳に異常がなくても起きる場合はあります。誰もいないのに誰かがいた気がしたとか、誰も呼んでいないのに、呼ばれた気がしたなどの経験がある人はいるのではないでしょうか。また、虫だと思っていたらゴミだったとか、携帯が鳴ったと思ったらテレビの音だったなど。ただ、脳に異常が出てくると、これらの訴えが頻回になります。また幻覚などははっきりと見え、錯覚では間違えでは?という考えは出来なくなり、確信となってしまっています。
 


幻覚や錯覚が起こる原因

目や耳が悪い事や不安に感じる環境

目が悪い、耳が聞こえにくいといった時に、見間違い聞き間違いは起こりやすくなります。また怖いとか不安に思う環境では、錯覚しやすいと言われます。脳に異常がなくても、壁のシミや傷が人の顔に見えたりする場合がありますが、よくよく見ればシミや傷だとわかり自分の見間違いだと訂正出来ます。それが問題になるのは、そうだと思い込んだものが間違いであると、訂正が出来ない事なのです。また妄想がそこに重なると、もっと確信となってしまいます。

レビー小体型認知症の主な症状

また幻覚はレビー小体型認知症では、良く見られる症状となります。レビー小体型認知症とはアルツハイマーに続いて多く見られるもので、脳の神経細胞がたくさん集まった部分に、異常なたんぱく質が溜まってしまい、初期段階でも幻覚を見る事があるものです。その為認知症だとは思っていない時に、知らない人がいたなどと訴え、幻覚だと気付かず慌てる事も。その他お年寄りに多い病気であり認知症とも関わりがある、パーキンソン病の薬の副作用でも幻覚を見る場合があります。

レビー小体型認知症の詳細

 

幻覚や錯覚の訴えの実例

知らない人や子供、虫や蛇がいる

認知症で訴えの多い幻視は、家の中に知らない人がいるというものです。子供がいると言ってみたり、怖い顔の人などリアリティのある表現をする場合があります。幻聴ではその場にはいないはずの息子さんの声がしたとか、自分をのけものにする相談をする声が聞こえたなどと言ったりもします。

また虫や蛇がいるというのもよく聞かれます。虫や蛇は壁などの模様や傷がそう見える錯覚からである場合もありますし、自分の身体を虫が這いあがってくるなどは幻覚となります。また虫や蛇などが見えるといった場合、その場所を踏みつけたり、叩いたりする行動が見られる事もあります。

亡くなった人を見る事もあります

レビー小体型認知症では、かなりリアルに、そしてぎょっとするような幻覚を訴える事があります。もう亡くなっている両親がいるとか、庭の物干し竿に生首が乗っていて、こちらを見ているなど。聞いてみると両親が亡くなった事を覚えており、生首が普通は物干し竿の上にあるものではない事はわかっているのですが、はっきりとご本人には見えているので、言い切ります。でも本当にそうであるならもっと驚いて叫んでもよいところですが、怖くはないようで、冷静に「あそこから見ている」などと話す事があります。
 


幻覚や錯覚が起きた時の対応

否定は混乱を招きます

幻覚で実際には何もなくても、本当にそこに人がいるとか、虫がいる、また自分を呼ぶ声を聞いたとご本人は思っていますから、否定したり怒ったりしないでください。レビー小体型認知症では初期に見られ、幻覚以外にあまり目立った認知症の症状が出ていない場合があります。そんな場合は、幻覚を否定されると、不安が強くなったり混乱したりして、幻覚が酷くなったり認知症の他の症状が出てきてしまう事があります。

大丈夫だと言う言葉で安心させる

幻覚はずっと見えている訳ではないようですので、もし「知らない人がいる」と言われたら、「お客さんが来られたのかもしれないけど、もう帰っていない」などと言って安心させるのが良いでしょう。また虫や蛇などは一緒に追い払う仕草をして「もういないから大丈夫だ」と言ってみる。それでもまだそこにいると言った場合は「ここですか?」と、いると言っている場所を手で押さえてみると「逃げた」とか「消えた」となる場合が多いです。
 


幻覚や錯覚が起きた時の改善策

話を聞き、体調をチェックする

何か不安があるのかもしれませんので、話を聞いてあげてください。また体調が悪いという場合もありますので、熱がないかとか、水分が足りていないのではないか、また便秘になってないかなどをチェックしてみましょう。

見間違わない工夫をしてみる

壁の傷やシミなどの錯覚しやすいものは、隠せるようにした方が良いでしょう。外に干しておいた服がヒラヒラしているのを見て、人がいると言う事もあるので、レースのカーテンなどで明るさは保てても、外が丸見えにならないものをつけてみる。但し、カーテンが揺れる事で錯覚を起こす場合がありますので、空気の入れ替えなどで窓を開けるならご本人がいない間に、窓を開ける機会が多いなら、レースのカーテンは止めた方がよいです。また目が悪い人の場合、部屋の電気を明るめに変えてみてください。

受診して医師に相談してみる

あまり幻覚が頻回になったり興奮が見られたりする時は、お薬で改善出来る場合がありますので、医師に相談してみてください。まだ認知症の診断がされてない方でも行動に疑問があれば、早めに受診される事をお勧めします。


 


・この記事を読んだ方へのおすすめ記事

認知症の症状

・認知症の中 核症状と周辺症状
・記憶障害とは?記憶障害の種類と対応
・見当識障害の症状と対応
・抽象能力や判断力の障害
・認知症による徘徊の原因と対応
・弄便(ろうべん)とは?弄便の原因と対応
・物盗られ妄想の原因と対応
・せん妄の原因と対応
・幻覚、錯覚の原因と対応
・認知症による「うつ・抑うつ」の原因と対応
・認知症による暴力暴言の原因と対応
・介護拒否の原因と対応
・失禁と排尿障害の原因と対応
・不眠、睡眠障害、昼夜逆転の原因と対応
・帰宅願望の原因と対応
・認知症による食事拒否の原因と対応
・認知症で異食する原因と対応

クレジットカード決済
決済代行のGMOイプシロン株式会社の決済代行サービスを利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL(128bit)による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。
代金引換(代引き手数料はお客様ご負担)
到着時に指定の金額を配達員の方に現金にてお支払いください。
決済手数料全国一律: 324円

<領収書について>代引き伝票のお客様控えが領収書となります。後日発行はできませんので、ご注意ください。お客様控えのお名前と領収書の宛名が異なる場合はご注文時にご記入下さい。
※クロネコDM便をお選び頂いた方は、代引き決済はなりませんのでご了承ください。
ヤマト運輸
商品はご注文をお受けした日より、約1週間以内でお届け致します。休業中の受付・発送は致しておりません。翌営業日にての受付・発送とさせて頂きます。

尚、配送はヤマト運輸にてのみ取扱いとさせていただいております。
発送した商品が到着するまでの所在をヤマト運輸のホームページからご確認いただけます。<
発送の完了をお知らせする弊社からの確認メールに記載されたヤマト運輸の伝票番号を、「荷物のお問合せ」にご入力ください。
・また、時間指定もうけたまわります。
 指定できる時間帯は
配送時間
ただしお時間を指定された場合でも、諸事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。(著しく遅れる場合は、詳細をメールかお電話にてご連絡いたします。)


送料
一部商品を除き、商品合計金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料でお届けします。

10,000円(税込)に満たない場合は誠に申し訳ございませんが、下記の金額を送料実費としてご負担願います。



送り先送料
北海道1200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県900円
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県  富山県 石川県 福井県  岐阜県 静岡県 愛知県 三重県  滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 700円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県800円
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県  福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県900円
沖縄県1200円