トップページ マイアカウント お問い合わせ プライバシーポリシー お支払い方法について 配達方法・送料について 特定商取引法に基づく表記(返品など) カートを見る

アルツハイマー型認知症とは

認知症の半分以上がアルツハイマー型、特に女性に多い認知症

アルツハイマー型認知症は女性が多い
アルツハイマー型認知症は、認知症の方で一番多いタイプの認知症です。特筆すべきは、男性よりも女性の方が多いことあり、他の脳血管性などの認知症患者数が横這いであるのに対して、アルツハイマー型認知症は増加傾向にあります。アルツハイマー型認知症の原因は現代の医学でも未だわかっておらず、特効薬といえる治療薬も、有効な治療法もありません。

 

アルツハイマー型認知症の原因は?

アルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドベータと呼ばれるタンパク質が溜まる事が原因の一つです。アミロイドベータが脳全体に蓄積してしまうと、健全な神経細胞を変化・脱落させて、脳の働きを低下させます、
神経細胞が壊れ死んでしまい、減っていく為に、神経に信号を伝える事が出来なくなります。神経細胞が死んでしまう事で、脳も委縮していき身体の機能も徐々に失われていきます。

 

アルツハイマー型認知症の症状は緩やかに起きる?

アルツハイマー型では最近の出来事を忘れてしまうという症状が見られますが、これは記憶を司っている、海馬と呼ばれる部分に病変が起こる為に、記憶が出来なくなるものです。ただ、記憶の部分が侵される事で記憶出来ないとわかりますが、実は記憶障害が出る何年も前から、緩やかに脳の異変は起きているとされています。
 


アルツハイマー型認知症の特徴

記憶障害

アルツハイマー型認知症と記憶障害|認知症サプリメント教室
「認知症では?」と疑う症状が、物忘れです。誰でも忘れる事はありますが、普通は、忘れている事を言われると「忘れていた」と思い出すことができます。しかしアルツハイマー型認知症の方は、思い出すことが出来ません。
 すなわちアルツハイマー型認知症は、約束した内容だけではなく、約束したこと自体を忘れたり、食事の献立ではなく、食事をしたことそのものを忘れてしまうといったことが起こります。
 


判断能力の低下

 今まで、料理をつくることが好きだった人が、調味料をどれくらいの分量を入れたら良いかとか、どのような食材を使って料理をするのかなどの判断が出来なくなります。さらに、アルツハイマー型認知症の症状がすすむと、手順がわからなくなって料理すること自体が出来なくなります。
 その他には、掃除をしていても、捨てていいもの、捨ててはいけないものの判断ができなくなる。そのため、片付けができなくなるため、部屋が散らかり放題になり、ゴミだらけになる事もありえます。

 


見当識障害

見当識障害とは時間と場所すなわち、「今がいつかなのか」「ここがどこかなのか」がわからなくなる状態のことです。特に環境が変化したときにとりわけ強く現れる傾向があります。たとえば、
アルツハイマー型認知症の方は「物忘れ」についで、「見当識障害」を発症しやすいといいます。


その他周辺症状

アルツハイマー型認知症の周辺症状として、「物盗られ妄想」「徘徊」「介護拒否」がみられるようになります。その他にも家族の顔がわからなくなったり、鏡に映った自分の顔がわからず「怖い顔をした人が睨んでいる」とそれに対して怒ったりする事も出てきます。


アルツハイマー型認知症患者の対応方法

何度も聞かれる事に怒らない

「ついさっきも同じ事を言ったでしょ!」と怒ることは止めてください。
何度も同じことを聞かれる事もありますが、そのたびに、きちんと答えてあげることがとても大切です。アルツハイマー型認知症の方には、きちんと答えましょう。


 同じ話を繰り返しすると、どうしても「さっき言ったばかり」という対応しがちですが、アルツハイマー型認知症の方は忘れてしまっている為、聞いていないというだけです。
「同じ話ばかりしている」と言われると、嫌な事を言われたと不快に思ったり、怒られたと思ったりします。
不快な思いや怒られたとの記憶だけが残りやすく、そのような精神的苦痛から、認知症初期のうつ傾向に繋がる事もありますので、気をつけましょう。

 

カレンダー・メモを活用する

 アルツハイマー型認知症の方に、約束や予定がある場合は、よくわかる場所に大きくメモを貼ったり、カレンダーに書いたりして、確認出来るようにすると良いでしょう。
 また、毎日家族とカレンダーの今日の日付に印をつけて、今日の日付を声に出すことも良いでしょう。

 


アルツハイマー型認知症患者の服薬管理

 ケアマネジャーがご家族などから聞いた認知症患者の服薬管理が困難な行動として「薬の飲み忘れ」、「薬の服用を拒否する」、「薬の飲みすぎ」があげられます。アルツハイマー型に限らず、認知症患者にとって、患者自身で薬を管理することは難しいという実態があります。
 ですが薬の飲み忘れ、薬の飲みすぎなどの、薬の管理は絶対に必要です。1回分をまとめてカレンダーなどに貼って、飲み忘れがないようにする工夫が必要です。1人で管理するのは大変難しいので、家族やヘルパーの協力を仰ぎ、飲むまでを見届けするようにしましょう。

>>認知症治療薬のアリセプト(ドネペジル塩酸塩)はどんな薬?

認知症患者本人がわかりやすいようにサポート

わかりにくいこと、わかりやすいことは、認知症の人によって違います。ですので、その都度、確認しながら変えてみてください。
 例えば、トイレがわからない場合も、ドアに「トイレ」と大きく書いたり、ノブの部分をわかりやすくするなどは、認知症の人と確認しながら行ってください。また家の中をウロウロしている時にはトイレに誘導してみるなどしてみましょう。


外出しても迷わないように・・・

一度でも外出で迷いそうになったら、もしもの場合に備えて名前や連絡先を服に付けたり、小型のGPSをポケットに入れておくなど対策をとってください。また徘徊が始まり家の外に出たがる時は、出来るなら一緒に近所を回って帰ってくるなどしてみましょう。勝手に出て行かないよう、鍵は手の届かない場所につけるなどし、近所の人や民生委員などには、徘徊があるという事を伝えて協力してもらいましょう。


話を合わせる

物盗られ妄想や幻視などが出てきている場合は興奮している場合が考えられます。認知症の方を否定したりると、より興奮状態になり、わかってもらえない事に腹を立て、手がつけられないことに繋がりますので、話しを合わせましょう。物盗られ妄想なら一緒に探し、その途中で話題を変えてみたり、一度休憩してから探しましょうと、場所を変えてみると興奮が治まる場合がありますので、検討してみてください。


断られても無理強いはしないで

お風呂に入らない、服を着替えない、食事を食べないということが多々あります。ここで無理強いすると、介護者や行為そのものに悪い印象を持って介護拒否が強くなったりしてしまいます。
認知症の方が断るのには、必ず断る理由があります。食事を食べないのも入れ歯が合っていなかったり、歯茎が腫れている等、口の中が痛いから食べたくないということもあります。断られた理由をまず考えてみましょう。


不快にさせない

たった一度でも、嫌な思い、不快な事などの感情は残りやすいです。不快な思いなどはストレスとなって、認知症を悪化させてしまうこともあります。介護者が、認知症患者に合わせるようにするのが、介護をストレスなく続けるコツです。ただ、介護の負担は少しずつ大きくなってくるので、介護者が倒れて介護ができなくなってしまう前に、介護保険を使い、あなた自身の健康にも留意して介護を行いましょう。


アルツハイマー型認知症予防・症状改善策

早期発見と早期治療

アルツハイマー型認知症の完治は残念ながら出来ないとされています。しかし、様々なお薬が開発されていますから早期に発見し治療を始めれば、
症状が緩やかになります。
「何かおかしいな」と気付きがあったら、近くの病院を受診しましょう。認知症専門の病院にかかるのが一番ですが、なかなか本人が納得しないので、受診できない場合もあります。その場合は、物忘れ外来、神経内科などの病院で、かつMRI・CTなどの検査を行っている病院にいってください。


アルツハイマー型認知症予防は生活習慣を見直しが重要

アルツハイマー型認知症になる原因は、今の医学でもはっきりとわかっていません。ただ、今の生活習慣を見直す事で、予防ができるといわれています。青魚のDHA・EPAや玄米・コーヒーに含まれるフェルラ酸を食べるようにすると認知症発症リスクが下がると言われています。
 また高血糖の人も、アルツハイマー型認知症になりやすいといわれています。血糖値が高い人は、必ず良くなるように受診してください。喫煙・飲酒もアルツハイマー型認知症になりやすいと言われている生活習慣です。運動は適度にするのが予防に繋がります。ウォーキングが良いといわれています。


睡眠不足はアルツハイマー型認知症になりやすい

睡眠不足はそうでない人と比較すると5倍もアルツハイマー型認知症になりやすいというデータがあります。睡眠時に、アミロイドβ(ベータ)という脳の老廃物が取り除かれてリセットされます。しかし、睡眠不足が続くと、アミロイドβなどが除去出来ず蓄積されるようです。また国立精神神経医療センターの研究では、昼寝をするとアルツハイマー型認知症の発症リスクを5分の1に出来るとの研究結果があります。でも長い昼寝はダメです、30分程度の昼寝でアルツハイマー型認知症の予防が出来ます。また、フェルラ酸がアミロイドベータに対して相性が良いとの研究成果があります。


アルツハイマー型認知症とリハビリ

アルツハイマー型認知症の患者がリハビリテーションをすると、脳が活性化し症状の改善に繋がるそうです。簡単な本を、音読してみる。音楽を聴いたり、一緒に歌うのも良いそうです。また、回想法というリハビリが脳を刺激するそうです。家族のかたと昔話をするほう方法です。
 その他にも折り紙・やちぎり絵やお手玉など、場合によってはテレビゲームなど遊びも兼ねて楽しくリハビリが行えるようにしましょう。デイサービスは、大勢の人と会う事になり、良い刺激になる場合が多いです。ご本人が嫌でなければ勧めてみましょう。


出来る事は一緒にやってみる

アルツハイマー型認知症の方が出来る事は、介護者と一緒にやってみましょう。昔は料理が上手だった方が、料理が下手になっても介護者の指示があると、出来る場合があります。料理や掃除なども出来る事はご本人にやってもらいましょう。
 男性でも掃除は出来るので「ここの掃除をやってもらうと助かります」などとお願いして、任せてみましょう。まだ自分には出来る事があると自負出来るようにしましょう。まだできる能力を生かす事は、アルツハイマー型認知症の症状の悪化を防ぐことになります。




・この記事を読んだ方へのおすすめ記事

認知症の種類

・レビー小体型認知症
・脳血管性認知症
・前頭側頭型認知症(FTD)
・若年性認知症
・アルコール性認知症
・正常圧水頭症(NPH)
・まだら認知症

クレジットカード決済
決済代行のGMOイプシロン株式会社の決済代行サービスを利用しております。
ご注文後、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。
安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL(128bit)による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。
代金引換(代引き手数料はお客様ご負担)
到着時に指定の金額を配達員の方に現金にてお支払いください。
決済手数料全国一律: 324円

<領収書について>代引き伝票のお客様控えが領収書となります。後日発行はできませんので、ご注意ください。お客様控えのお名前と領収書の宛名が異なる場合はご注文時にご記入下さい。
※クロネコDM便をお選び頂いた方は、代引き決済はなりませんのでご了承ください。
ヤマト運輸
商品はご注文をお受けした日より、約1週間以内でお届け致します。休業中の受付・発送は致しておりません。翌営業日にての受付・発送とさせて頂きます。

尚、配送はヤマト運輸にてのみ取扱いとさせていただいております。
発送した商品が到着するまでの所在をヤマト運輸のホームページからご確認いただけます。<
発送の完了をお知らせする弊社からの確認メールに記載されたヤマト運輸の伝票番号を、「荷物のお問合せ」にご入力ください。
・また、時間指定もうけたまわります。
 指定できる時間帯は
配送時間
ただしお時間を指定された場合でも、諸事情により指定時間内に配達ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。(著しく遅れる場合は、詳細をメールかお電話にてご連絡いたします。)


送料
一部商品を除き、商品合計金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料でお届けします。

10,000円(税込)に満たない場合は誠に申し訳ございませんが、下記の金額を送料実費としてご負担願います。



送り先送料
北海道1200円
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県900円
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県  富山県 石川県 福井県  岐阜県 静岡県 愛知県 三重県  滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 700円
徳島県 香川県 愛媛県 高知県800円
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県  福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県900円
沖縄県1200円